世界中のアンネ愛好家!第1部-ジェナ・ゴールドスミス

2月 01, 2021

Anne Lovers Around The World! Part 1 - Jenna Goldsmith

こんにちは! 私はJennaゴールドスミスです、そして、私はニューマーケットオンタリオ、カナダからいます。

私は27年の間、オンタリオに住んでいて、ニューマーケットで育って、ピーターバラのトレント大学で英文学と歴史を勉強して、卒業の後、ニューマーケットに家に帰ってきました。私も、Humberカレッジから創造的な文書のポスト卒業証明書を持っています。それが私の教育によって明確でないならば、私は本と読書が好きです。日までに、私はペットの座って犬の散歩会社のために働いています、しかし、夜までに、私は小説に取り組んでいる作家です。一方、私はまた、小さなオンライン書店を所有しています

私は知らなかった時を覚えていない 緑のゲーブルのアンネ そして、私はまだ小さな子供として持っている小説の私の最初のコピーを受けた。自分で読む前でさえ、私は幼年時代にAvonleaとプリンスエドワード島に没頭しました。2002年に、私の家族はプリンスエドワード島に休暇をとりました、そこで、我々は緑のゲーブルといくつかの異なるL . M .モンゴメリーランドマークを訪問しました

しかし、私が大学を卒業するまで、本に対する情熱は本当にスパークしませんでした。私はちょうど家に戻った後、私の最初の仕事を始めていた、私は大きな夢と野心私はポスト大学を行うつもりだった地球に戻って来ていたと私は少し幻滅を感じていた。私は非常によくオーディオブックのバージョンを聞いたときにすべてが変更 緑のゲーブルのアンネ素敵なレイチェルマクアダムスナレーション。Avonleaの世界に戻って、アンネシャーリーに自己紹介することは、私にとって少しのリフレッシュでした

突然、私は人生の小さな美しさを感謝することを思い出した。冬の霜の後、庭の花の最初の発芽は、木の風の中で、道の下には、友人を見ての気持ちは

私がアンネについて愛しているのは、私が子供としてした以上に、すべての美しさを見つけ、それを自分の中で美人にする能力です。

彼女が大人になった時でさえ、世界のための彼女の子供のような驚きは決して変わりませんでした。そして、それは私が私自身の突然の成人に直面していた誰かとして見ることがとても重要でした。彼女は、気まぐれで愚かなことがあって、イマジネーションの力を決して忘れないように私に思い出させました

何を読んでから取った 緑のゲーブルのアンネ それから、そして、私がそれ以来読んだすべての回-私自身の受け入れ、私が愛している人々への激しい忠誠、我々が住んでいるこの驚くべき世界のための感謝、そして、良い想像力は価値がある何かです。 アンネはすべての回で完全に自分自身と彼女の価値に強い維持しながら、楽観的な生活を最大限に活用するために専用。私はプリンスエドワード島から11歳のビクトリア朝の孤児ではないかもしれませんが、私は自分の小さな世界についてのような子供を再発見した。

私は読むか聞く 緑のゲーブルのアンネ 私がいつでも少なくとも年に一度、私のスピリッツを持ち上げる必要があるときはいつも。M . M .モンゴメリーは私のために大変なインスピレーションになりました。彼女の説明はとても没入型であり、“アンネワード”を使用するには、読みやすい。

2019年6月下旬、私はペイへの巡礼を再び訪れた 緑のゲーブルのアンネ そして、M . M .モンゴメリ記念碑は、より多くの崇敬でこの時間です。海の風と美しい風景が私を奮起させて、私自身の物語で私を満たしさせたので、私は私が現在書いている小説を手書き始めました

私は、私の髪を染めるまで、私のアンネ強迫観念さえ撮りました。もちろん、私の髪の毛は中くらいの茶色ですが、いつも赤毛との親和性を感じました。そして、時々私のよりよくなるアンネのような気質がある誰かとして、赤い髪は私に合うようです

今、私は3つのコピーを集めました 緑のゲーブルのアンネ そして、いくつかのシリーズの残りの部分は、読書のために設定されたセット、AOGGの親切なスピリット版、1940年代のビンテージコピーのセット 緑のゲーブルのアンネ, アヴォルレアのアンネ, 島のアンネ and アヴォルレア伯爵。 私の夢は、私がこれまでにそれを買うお金があるならば、いつか最初の版を所有することになっています。今のところ、私の小さくて、十分に世話をされたコレクションは十分です

私はアンネシャーリーはいつも私の人生の大きな部分であり、アンネ自身を引用すると思います。——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————




にも ニュース

Anne Lover Around The World! Part 13: Kamil Trzebiatowski
Anne Lover Around The World! Part 13: Kamil Trzebiatowski

11月 18, 2021

I believe I was about 10 or 11 years old when I first read Anne of Green Gables. This was in Gdansk, Poland, where I was born. (I now live in the UK.) I remember being completely captivated by Anne Shirley – by her imagination, her poetic nature, her connection to nature and her gratitude – despite (or because?) the hardships of her earlier life. Most of all, though, it was her striving to be kind and striving to understand others that I think captured my soul.

読み取り

Anne Fans Around The World! Part 12: Susan Scott
Anne Fans Around The World! Part 12: Susan Scott

5月 31, 2021

a retired Special Education Teacher living in Athens, TN.  I first fell in love with Anne’s free spirit watching the PBS mini series Anne of Green Gables.  I taped it and shared the story with many.  One of the English teachers I taught with introduced the collection of books to his class.  

読み取り

Anne Lovers Around The World! Part 11: Aneta Sulejewska
Anne Lovers Around The World! Part 11: Aneta Sulejewska

5月 30, 2021

Anne is also often the subject of my other creative activities, like knitting, cross stitching, embroidery. I collect souvenirs connected with her: dolls, books, first Polish editions. When I hear the words „Anne of Green Gables” my heart beats faster! Greetings from Poland!

読み取り