世界中のアンネ愛好家!第7部:カサリンエドワーズ

4月 05, 2021

Anne Lovers Around The World! Part 7: Katherine Edwards

私の名前はカサリンエドワーズ、通常ケイティとして知られており、私はロンドン、イギリスの本屋です。私は8回目の誕生日に初めてアンネシャーリーに遭遇しました。私は3才からの貪欲な読者でした、しかし、このhardbackは私がこれまでに所有した最大の本でした。 彼女のそばかす、赤いplitsと個人的な微笑で、表紙の上で女の子に何かよく知られているようでした。私はすぐに彼女を知っていると感じた。 私が最初に愛したユーモアでした。アンネの覚醒と散乱的な方法は、私が以前に架空の人物で知らなかった方法で私自身のようでした。より深いレベルで、私は「親切な精神」を感じました。 アンネのように、クラスメートと合わない気がした。 私は強いものを強く感じました。そして、高騰している高所と衝突している安らぎのどちらかを感じました。そして、その人は1990年代イングランドより


家族の友人は、私の若い自己の彼らの永続的な記憶は、アンネ本で彼女の鼻でわら帽子とピタクル(ブロンドで、赤でない)を着ている少女のものであると私に話します。私はアンネの学校や大学時代を数え切れないほど読んだことがあります。そして、図書館から後の本を借りたことは確かです。 私は友情のテーマに興味を持っていて、ロマンスと結婚より家族を見つけました、そして、それは私の遅い10代まで、私が本気でシリーズを終えるために戻った時でありませんでした。 しかし、イングルのRillaはショックとして来ました。 長年にわたって、プリンスエドワード島のアンネの世界は、私のための一種の時代を超越した聖域になりました。 その居心地の良い小さな世界に触れる戦争について読むには、シリーズには、私はフィナーレを泣いて一晩中に座っていたビタースウィート終了した。それは長い間私を悩ました。Rillaによって引き起こされるより複雑な感情にもかかわらず、または多分それらのために、アンネ本の私の愛はまだ深くなりました。私は毎年最初の本を再読み込みし、定期的に他の人も。アンネは私の最も忠実なインクと紙の友人の世紀の四分の一以上です。

私はやっと2019年9月に帰宅した。 友人が落ち着いた30代中頃の一人の女性として、私は旅の道連れを待つことができませんでした。しかし、それは私が他の誰のまわりで計画する必要がなかったかを理解するために解放されました。 プリンスエドワード島に行くのを止めていたのですか。私は私の質問でCavendish(“Avonlea”)でフレンドリーなゲストハウスの所有者をメールで送信:私は単独の旅行者、私はドライブすることはできません?ありがたいことに、彼女は励ましや助言をもって答え、休日は予約された。宿はちょうど緑のゲーブルサイトからゴルフコースの向こう側にありました、それで、私はアンネの隣の隣人です。(ダイアナのように、私の最初の考えだったのですが、私は後に方向が間違っていたということに気付きましたが、おそらく私はアンリ・ハリソンの家のサイトにいました)。

アンネの足跡では、私の休日は計画通り完全には行かなかった。 まず最初に、私のフライトは変更されました、そして、私は夕食時間の代わりに朝の早い時間に私のゲストハウスに到着するでしょう。私は旅行のための48時間前に何度も私の電子メールをリフレッシュしました、メッセージを読んで、「あなたは、あなたの部屋に木がありません。」 それは確かに冒険午前1時のタクシーでプルアップし、小さなランプで私の部屋を見つける必要がありましたが、私はそれがより本物のために作ったと自分自身を慰めた アンネの経験

島は嵐によって激しい打撃を受けました、そして、とても多くの最愛の木はぼろぼろになったか、完全に根こそぎにされました、しかし、ある日を除いて、私がそこにいた間、それは明るく、暖かかったです。 私は静かな、楽しい休日を過ごし、森の中でアンネの足跡を思い出すのを楽しんでいました。海岸にピクニックをしています。そして、その間、精神的に村から本を村にマッピングしました。 私は、アンネが私のそばに正にそこにいたかのように、本当のものの上に架空の世界を征服する前にこれまでより簡単であるとわかりました

もちろん、旅行のハイライトは、緑のゲーブル自体でした! 私は雨の中で門のそばで立って、Poutineを食べて、家でじっと見つめるのを決して忘れません。 ツアーガイドの驚きに、私は、その部屋で行われたすべてのシーンを想像して、リアリエのキッチンで良い半時間のスタンドを過ごした。私は彼女の最新のゴシップ、アンネのテーブルの本をポージング、彼女の妹が病気だったので、狂気で到着ダイアナを裏返しに夫人夫人Lyndeを撮影することができました。 アンネのベッドルームは楽しい、私自身のように奇妙な感じがした部屋だったが、台所は緑のゲーブルの中心でした。

私は、プリンスエドワード島に私の心臓を残しました。 私はアンネのためにそこに行きました、しかし、私はそれ自体の場所に恋をしました:その平和と美しさ、そして、私が私の旅行で会った素晴らしい、親切な人々。あなたは、それが再び旅行するのが安全であるのと同じくらいすぐに、私が戻るだろうと確信することができます。




にも ニュース

Anne Lover Around The World! Part 13: Kamil Trzebiatowski
Anne Lover Around The World! Part 13: Kamil Trzebiatowski

11月 18, 2021

I believe I was about 10 or 11 years old when I first read Anne of Green Gables. This was in Gdansk, Poland, where I was born. (I now live in the UK.) I remember being completely captivated by Anne Shirley – by her imagination, her poetic nature, her connection to nature and her gratitude – despite (or because?) the hardships of her earlier life. Most of all, though, it was her striving to be kind and striving to understand others that I think captured my soul.

読み取り

Anne Fans Around The World! Part 12: Susan Scott
Anne Fans Around The World! Part 12: Susan Scott

5月 31, 2021

a retired Special Education Teacher living in Athens, TN.  I first fell in love with Anne’s free spirit watching the PBS mini series Anne of Green Gables.  I taped it and shared the story with many.  One of the English teachers I taught with introduced the collection of books to his class.  

読み取り

Anne Lovers Around The World! Part 11: Aneta Sulejewska
Anne Lovers Around The World! Part 11: Aneta Sulejewska

5月 30, 2021

Anne is also often the subject of my other creative activities, like knitting, cross stitching, embroidery. I collect souvenirs connected with her: dolls, books, first Polish editions. When I hear the words „Anne of Green Gables” my heart beats faster! Greetings from Poland!

読み取り