Frederica Campbell - Maud's Best FriendのメモリでBernadeta Milewski(4分ごとに)

1月 25, 2021

In memory of Frederica Campbell - Maud's best friend by Bernadeta Milewski   (4 min read)

Frederica Elmanstine Campbell、L.Montgomeryの最初のいとこは、有名なオーナーの最も大切で大切な仲間でした。 1883年に公園コーナーで生まれ、彼女はMaudの初期の年に大きな影響を与えませんでした。 1902年までの2人のいとこは、年齢が離れて8年間でわずかに離れていることがわかったと判明したと、彼らは共通点が多く、「魂は同じ年齢だった」とわかった。他の2人の女性のキャンベルのいとこを持つ以前の友情は、一生のつながりの中で一度に充実していました - 感情的で知的な両方。 Anneのように、彼女の親戚の中で、ジアナの彼女のBOSOMの友人がいたのと同じように、彼女はフレデリックを見つけました。

Frederica Campbellは、Aunt AnnieとPark Cornerのアンクルジョンキャンベルの最年少の娘でした(彼らのホームステッドはまだキャンベル家族が所有しており、green gable museumのアンテールとして知られています)。 Maudのように、彼女は先生になり、シービュー、アイルシュタウン、スタンレー橋の学校を含む近くの学校で数年間教えました。期間の周りの頃、モンゴメリーは、ベーパーナールザ・ケボンダーの彼女の母親の祖父母のホームステッドで「緑色の祖母のアン・オブ・グリーン・ガラス」を書き始めました。これにより、2人のいとこがより頻繁に満たすことができました。 「緑色のゲーブルズのアンは即座に成功していたので、モーデンは他の教育を受けるのを助けることができました。 LMMの励ましフレデリックはケベックのマクドナルド・カレッジに適用され、1912年にハウスキーピング科学の学位を取得しました。 Maudの最初の息子。それらは実際には有名なオーナーのオンタリオ州の生活の中で幸せな時代でした - 彼女は彼女の雑誌の中で何度もFredeの笑い声と素晴らしい知識を思い出しました。

1919年1月25日、1918年1月25日、1918年1月25日パンデミックの間にフルデリマが亡くなった午前中早めに、急成長の友情、ALAが急上昇しました。彼女は、彼女がついにそれを書くために自分自身を持ってくることができるとき、彼女の雑誌でこの心の侵入のイベントの詳細な説明を残します。

「彼女は東の空が日の出と深紅色だったように死んだ。彼女は「夜明けが入ったように出かけた」 - 古いように ジムキャプテン 私の中で夢の家。 (...)まあ、それはすべて終わっています。この世界、特に女性の間で、この世界では非常にまれである珍しい、完璧な友情 - 17年間所有することが私の特権でした。おそらく私はそれを失うための犠牲を払っても私がそれを持っていたことに感謝するかもしれません。今すぐ悶絶は、支払うべき価格が大きすぎるようです。」

Fredericaの時期尚早の通過は、Maudの人生では巨大な空隙を残しました。 2ヶ月後、l.m.m. 「イングレディのリラ」を書き始めました、彼女が小説を捧げるのが彼女の心に疑いのない - 彼女の最愛のいとこと友人Frederica:

「1919年1月25日に壊れたときに私から離れたFrederica Campbell Macfarlaneの記憶に。本当の友人、珍しい人格、忠節で勇気ある魂。」


現在の所有者 グリーンゲイラブ博物館のアン、ジョージキャンベルはフレデリキャラの祖前です。 2019年にジョージが再発行されました 「物語の女の子」オリジナルの1911カバーを備えたフレデリキャラ専用の別の本。この本に含まれるのは、Frederica Campbell Macfarlaneの公開写真の直前です。

 

これが私たちのオンラインショップからストーリーガールを購入するためのリンクです。

* 1919年2月7日からの引用符 L.Montgomeryの完全なジャーナル。オンタリオ州年1918-1921。 Jen Rubioによって編集されました。ロックのミルズプレス2017。




にも ニュース

Anne Lover Around The World! Part 13: Kamil Trzebiatowski
Anne Lover Around The World! Part 13: Kamil Trzebiatowski

11月 18, 2021

I believe I was about 10 or 11 years old when I first read Anne of Green Gables. This was in Gdansk, Poland, where I was born. (I now live in the UK.) I remember being completely captivated by Anne Shirley – by her imagination, her poetic nature, her connection to nature and her gratitude – despite (or because?) the hardships of her earlier life. Most of all, though, it was her striving to be kind and striving to understand others that I think captured my soul.

読み取り

Anne Fans Around The World! Part 12: Susan Scott
Anne Fans Around The World! Part 12: Susan Scott

5月 31, 2021

a retired Special Education Teacher living in Athens, TN.  I first fell in love with Anne’s free spirit watching the PBS mini series Anne of Green Gables.  I taped it and shared the story with many.  One of the English teachers I taught with introduced the collection of books to his class.  

読み取り

Anne Lovers Around The World! Part 11: Aneta Sulejewska
Anne Lovers Around The World! Part 11: Aneta Sulejewska

5月 30, 2021

Anne is also often the subject of my other creative activities, like knitting, cross stitching, embroidery. I collect souvenirs connected with her: dolls, books, first Polish editions. When I hear the words „Anne of Green Gables” my heart beats faster! Greetings from Poland!

読み取り